掛け持ちフリーランスのための時間管理

時間管理におすすめのスケジュール管理アプリ

人気情報

  • スキマ時間で副業掛け持ち
  • おすすめスケジュール管理アプリ
  • 活況を呈する市場規模

おすすめスケジュール管理アプリ

フリーランスのスケジュール管理

働く時間を自分の都合で調節できるフリーランスは、その自由度がメリットでもありますが、そのまま無計画に生活してしまうと仕事に悪影響が出てしまいます。フリーランスの場合、今日は何となく気が乗らないと思えば仕事をしないという選択も可能ですが、それが常態化してしまうことで仕事の質を落としてしまうことになりかねません。そこでとても重要になってくるのがスケジュール管理です。忙しい時もそうでない時も、普段から自分の生活と仕事の予定を整理して、見てすぐわかるように管理する習慣をつけるようにすれば、もっとメリハリのある生活を送ることができるでしょう。

スケジュール管理アプリで時間管理

フリーランスの仕事を続けていると、案件掛け持ちで忙しい時もあるかもしれません。そこで、パソコンなどを駆使して仕事をするフリーランスにおすすめの時間管理の方法が、スケジュール管理アプリの活用です。
特に多くのユーザーに利用されているのが「グーグルカレンダー」ですが、パソコンとスマートフォン、タブレットなどと同期することができるので、仕事中も外出中も時間管理がしやすいツールです。グーグルカレンダーは、デフォルトアプリと同期することもできますが、他のスケジュール管理アプリと同期することもできます。

スケジュール管理のアプリを探すならこちら スケジュール管理のアプリを探すならこちら

また、「Refills」というスケジュール管理アプリは、利用者からの評判も良く、人気の高いスケジュール管理アプリです。カレンダーの部分は紙の手帳のようなデザインが特徴で、好みに合わせてテーマや色などを変更できます。見た目は本当に手帳のようなので、それまでパソコンやスマートフォンでスケジュール管理をしていなかった人でも違和感なく使うことができておすすめです。

スケジュール管理のアプリを探すならこちら スケジュール管理のアプリを探すならこちら

スケジュール管理の重要性

仕事をたくさん抱えている状態になると、優先順位の高いものから先にこなしていくなど、全ての仕事を円滑に進めるための工夫が必要になります。しかし、スケジュール管理をせず、期限だけを意識して仕事をしてしまうと、思っていたよりも仕事が進まず、夜間や休日なども使って慌てて仕事を終わらせなければならないなどという事態になりかねません。疲労を抱えながら仕事をしても、頭がうまく回らないので能率も下がり、結局は必要以上に時間をかけて仕事をすることになってしまいます。
そのようなことにならないためには、仕事の優先順位はもちろん、いつまでに何を終わらせるかをはっきりさせて、そのスケジュールに沿って仕事をするように心がけるということが大切です。そして、休むべき時にはしっかりと休み、仕事以外の活動をして疲れた頭と体をリフレッシュさせて、次の仕事への活力をチャージしましょう。

Similar Posts

乗り切るカギは「メリハリ」
乗り切るカギは「メリハリ」

自分の時間を自由に使って仕事ができるフリーランスだからこそ気をつけたいのが、仕事とプライベートのメリハリです。自宅で仕事をしていると、朝起きてから何の支度もせずにすぐに仕事をすることができてしまうので、時間管理が苦手な人はルーズな生活に陥ってしまう可能性もあります。自宅で仕事をしているからこそメリハリのあるスケジュールで生活をしないと心身の健康を損ねてしまうだけでなく、仕事に悪影響が出てしまうかもしれません。詳細を見る

面倒なことを全て引き受けてくれるサービス
面倒なことを全て引き受けてくれるサービス

営業や打ち合わせ、条件交渉や各種トラブル対応など、フリーランスになるとやるべき仕事は本業以外にも多くなります。全てを1人でこなしていると、できる仕事量の限界はどうしても低くなってしまい、思ったように稼げなくなる場合もあります。しかし、フリーランス専門のエージェントに依頼をすれば、案件探しから参画後までフルサポートしてくれるので、純粋に仕事に費やせる時間が多くなり必然的に稼げる金額も大きくなります。詳細を見る

在宅で育児掛け持ち
在宅で育児掛け持ち

育児に忙しい時期には、外で働きたくても働けないという人が少なくありません。待機児童が多くて保育園に入れないなどの物理的な問題もあれば、まだ小さい子供の側についていたいという親心などその理由は様々です。しかし、フリーランスの仕事なら育児をしながら在宅でマイペースに仕事をこなすことも可能で、大変さもありますがメリットもたくさんあります。では、具体的に育児と仕事をどのように両立させることができるでしょうか。詳細を見る