掛け持ちフリーランスのための時間管理

副業との案件掛け持ち

人気情報

  • スキマ時間で副業掛け持ち
  • おすすめスケジュール管理アプリ
  • 活況を呈する市場規模

スキマ時間で副業掛け持ち

スキマ時間で副業

自分の時間で自由に仕事ができるフリーランス生活は、誰もが1度は憧れる生活かもしれません。日本でも、労働人口の10%が、何らかの型でフリーランスとしての収入があるという調査結果もありますが、欧米などに比べるとまだそれほどメジャーな働き方とは言えない状況かもしれません。本業としてフリーランスに徹することまではできない人でも、副業としてのハードルは意外と低いので、スキマ時間に少し仕事をすることで収入を得ることは可能です。

様々なやり方がある

同じフリーランスでも、本業としてそれ1本で仕事をしている人は、案件掛け持ちの状態でフルタイムと同等かそれ以上の時間を仕事に費やしている人もいます。そのような形で仕事をするには、プライベートと仕事をうまく両立させるための時間管理が重要になりますが、クライアントからの信頼を得て仕事を継続させてもらうには、定められた納期をきちんと守るだけの自己管理能力が不可欠です。
しかし、会社員を辞めてフリーランスとしていくつもの仕事を抱えられるようになるためには、コツコツと仕事をして、クライアントからの信頼と自分自身の実績を重ねるための下積み生活をくぐり抜けていく必要があり、安定するまでにはある程度の時間がかかってしまう可能性があります。
その点副業のフリーランスは、スキマの時間にできる範囲で無理なく仕事をしながら着実に実力を上げていくことができます。時間はかかるかもしれませんが、長期的に考えると基礎を安定させる期間として考えることもできますし、会社員からフリーランスになって収入が不安定になるリスクも軽減することができます。そのまま副業としてお小遣い稼ぎの手段にすることもできますし、本業として稼げる地盤を固めることができれば転身を考えることもできるでしょう。自分自身のスキルや経験に自信があり、人脈などがあってすぐに仕事を安定的にもらえる基盤があるならば、すぐに独立するのも悪くないかもしれませんが、特別そのようなものがないのであれば、フリーランスは副業として様子を見るという方が安全かもしれません。

フリーランスでやっていくには人柄も大切

どんな仕事でも任せてもらうためには信頼性がとても重要です。どんなに優秀な人でも、コミュニケーション力が無かったり尊大な態度を取ったりする人は、クライアントから敬遠されてしまいます。そのため、クライアントとの良好な関係を保つためには、仕事を頂けるということに感謝しつつ、謙虚な姿勢を持っていることがとても大切です。また、仕事一筋に没頭するのではなく、趣味や自分磨きの時間を大切にして、プライベートも充実させることが結果としては良い仕事へつなげる助けになります。

Similar Posts

乗り切るカギは「メリハリ」
乗り切るカギは「メリハリ」

自分の時間を自由に使って仕事ができるフリーランスだからこそ気をつけたいのが、仕事とプライベートのメリハリです。自宅で仕事をしていると、朝起きてから何の支度もせずにすぐに仕事をすることができてしまうので、時間管理が苦手な人はルーズな生活に陥ってしまう可能性もあります。自宅で仕事をしているからこそメリハリのあるスケジュールで生活をしないと心身の健康を損ねてしまうだけでなく、仕事に悪影響が出てしまうかもしれません。詳細を見る

面倒なことを全て引き受けてくれるサービス
面倒なことを全て引き受けてくれるサービス

営業や打ち合わせ、条件交渉や各種トラブル対応など、フリーランスになるとやるべき仕事は本業以外にも多くなります。全てを1人でこなしていると、できる仕事量の限界はどうしても低くなってしまい、思ったように稼げなくなる場合もあります。しかし、フリーランス専門のエージェントに依頼をすれば、案件探しから参画後までフルサポートしてくれるので、純粋に仕事に費やせる時間が多くなり必然的に稼げる金額も大きくなります。詳細を見る

在宅で育児掛け持ち
在宅で育児掛け持ち

育児に忙しい時期には、外で働きたくても働けないという人が少なくありません。待機児童が多くて保育園に入れないなどの物理的な問題もあれば、まだ小さい子供の側についていたいという親心などその理由は様々です。しかし、フリーランスの仕事なら育児をしながら在宅でマイペースに仕事をこなすことも可能で、大変さもありますがメリットもたくさんあります。では、具体的に育児と仕事をどのように両立させることができるでしょうか。詳細を見る