掛け持ちフリーランスのための時間管理

フリーランス独立当初は時間管理を徹底してバイトと案件掛け持ち

人気情報

  • スキマ時間で副業掛け持ち
  • おすすめスケジュール管理アプリ
  • 活況を呈する市場規模

独立当初のバイト掛け持ち

フリーランスとして安定するまで

フリーランスとして独立後、すぐ安定的な仕事ができるようになるとは限りません。独立時点での経験値やスキルにもよりますが、しばらくは仕事を獲得するための営業ばかりで、なかなかまとまった仕事にならないという可能性もあります。仕事が多くなってくれば案件掛け持ちできるぐらいになるかもしれませんが、それまでは他の様々な形で仕事の掛け持ちをして生活を支えるというやり方もおすすめです。

本業とバイトを掛け持ち

自分の仕事だけでは収入が不足しているという場合、掛け持ちでバイトをしてその分を補うことができますが、そのような場合に注意しておきたい点がいくつかあります。そもそもフリーランスの仕事は自由なので、仕事をしなければ収入も0になります。掛け持ちでバイトを始めたつもりがいつの間にかバイトの方が忙しくなっていたということになってしまうと、本末転倒になってしまいます。バイトはあくまでも副業で、本業第一という意思をしっかりと持っておくということはとても大切です。
そのためにも、バイトは本業の妨げにならない仕事を選ぶようにしましょう。一番良いのはフリーランスとしての仕事に関係があり、自分自身のスキルアップにつながりそうなバイトです。そうすれば、掛け持ちをしながらも同じ方向性の仕事に携わることができます。しかし、得意分野だけにバイト先から重宝されてしまい、より多く働くよう促されてしまう可能性もあります。バイトが忙しくなり過ぎると、肝心の自分の仕事からどんどん遠のいてしまう場合もあるので注意が必要です。
もうひとつの方法としては、全く本業とは関係ない単純作業系やイベント系などの短期バイトをすることです。期間が決まっているバイトや働きたい時だけ働けるバイトにしておくと、フリーランスとしての仕事が増えてきた時に調整をしやすくなるのでおすすめです。

バイトをするなら時間管理をしっかりと

掛け持ちでバイトをすると、さしあたりの安定収入を確保することができるので、仕事の少ない時期は何かと安心です。また、自宅にこもって仕事ばかりしていると、誰とも会わない生活が長くなってしまうので、気分転換としてバイトをすることもできます。しかし、バイトは決められた日時に仕事が入っているため、急ぎの案件などが急に飛び込んできた時などに時間の融通がきかないというデメリットもあります。そのような可能性も踏まえて、自分の時間管理を行うようにしないと、本業が疎かになってしまい、いつまでたっても一本化することができないでしょう。

掛け持ちで気をつけたい税金のこと

バイトの場合、バイト先が事務的な処理を全て行ってくれますが、フリーランスの場合は自分で全て行います。掛け持ちをしていると経費の扱いの線引きが難しい場合もあるので気をつける必要があります。また、主婦などが扶養の範囲内でフリーランスとバイトを掛け持ちする場合には、フリーランスだけの場合と所得の計算方法が変わるので事前にきちんと確認をしておくようにしましょう。

Similar Posts

乗り切るカギは「メリハリ」
乗り切るカギは「メリハリ」

自分の時間を自由に使って仕事ができるフリーランスだからこそ気をつけたいのが、仕事とプライベートのメリハリです。自宅で仕事をしていると、朝起きてから何の支度もせずにすぐに仕事をすることができてしまうので、時間管理が苦手な人はルーズな生活に陥ってしまう可能性もあります。自宅で仕事をしているからこそメリハリのあるスケジュールで生活をしないと心身の健康を損ねてしまうだけでなく、仕事に悪影響が出てしまうかもしれません。詳細を見る

面倒なことを全て引き受けてくれるサービス
面倒なことを全て引き受けてくれるサービス

営業や打ち合わせ、条件交渉や各種トラブル対応など、フリーランスになるとやるべき仕事は本業以外にも多くなります。全てを1人でこなしていると、できる仕事量の限界はどうしても低くなってしまい、思ったように稼げなくなる場合もあります。しかし、フリーランス専門のエージェントに依頼をすれば、案件探しから参画後までフルサポートしてくれるので、純粋に仕事に費やせる時間が多くなり必然的に稼げる金額も大きくなります。詳細を見る

在宅で育児掛け持ち
在宅で育児掛け持ち

育児に忙しい時期には、外で働きたくても働けないという人が少なくありません。待機児童が多くて保育園に入れないなどの物理的な問題もあれば、まだ小さい子供の側についていたいという親心などその理由は様々です。しかし、フリーランスの仕事なら育児をしながら在宅でマイペースに仕事をこなすことも可能で、大変さもありますがメリットもたくさんあります。では、具体的に育児と仕事をどのように両立させることができるでしょうか。詳細を見る