掛け持ちフリーランスのための時間管理

日本のフリーランス市場は活況!案件掛け持ちと時間管理で収入アップ!

人気情報

  • スキマ時間で副業掛け持ち
  • おすすめスケジュール管理アプリ
  • 活況を呈する市場規模

活況を呈する市場規模

日本でも増加中のフリーランス

近年のインターネットの急速な普及も手伝って、何らかの形でフリーランスとして活動する人は日本でもかなり多くなりました。パソコンさえあればどこでもできる仕事も多いので、都市部から離れた地方にオフィスを持ったり、自宅の一室を仕事場にしたりと、働き方の自由度が高いというのも魅力となっているようです。今の時代、能力があっても事情があって会社員として働きたくても働けないという人も多いですが、フリーランスなら、案件掛け持ちをして仕事を多くしたり逆に減らしたりと、自分で時間管理をしながら働くことができるので、そのような立場を選ぶ人が多いのです。

フリーランスという立場とは

フリーランスとは、企業や団体に属していない個人事業主のことを指しています。個人で行える事業はたくさんありますが、そのような形で仕事をしている人は全てフリーランスと呼ぶことができます。フリーランスの割合を世界的に見ると、アメリカでは既に4人に1人の割合ですが、日本ではまだ40人に1人ぐらいの割合とも言われています。フリーランスという働き方は、日本でもまだまだ拡大していくと予想されており、今後さらに市場は大きくなっていく可能性があります。

現代のフリーランスの働き方

フリーランスという働き方は今に始まったことではなく、ずっと前から存在していましたが、近年は、コンピュータとインターネット環境が手軽になってきたことによって、Webサイトやクラウドを使う働き方をする、「個人事業主2.0」と呼ばれる新しい層が急増していて、平均年商もそれ以前の人達より多いという現状があります。それに伴って、フリーランス向けのクラウドサービスもかなり多くなってきていて、個人事業主2.0に関連する市場規模はさらなる増大が見込まれています。

日本のフリーランスの今後

フリーランスが多いアメリカでは、企業などに属さずに個人で仕事をするという働き方は珍しいものではなく、多くの企業が当たり前のようにフリーランスを活用していて、ある調査では約90%もの企業がフリーランスを活用しているとも言われているほどメジャーな存在です。日本でも、フリーランスを活用するという方法を採用する企業が増えてきており、今後もアメリカに追随するように増加していく可能性があります。
また、インターネット世代が社会進出していくにつれて、古い働き方から脱却しようとするこの動きは今後もさらに加速していくと見られているため、世代交代と共に個人事業主2.0の存在感はより大きくなっていくことでしょう。そのため、この先フリーランスとして仕事をしていく上で、Webやクラウドを効果的に活用できるようにするための知識は不可欠なものとなります。

Similar Posts

乗り切るカギは「メリハリ」
乗り切るカギは「メリハリ」

自分の時間を自由に使って仕事ができるフリーランスだからこそ気をつけたいのが、仕事とプライベートのメリハリです。自宅で仕事をしていると、朝起きてから何の支度もせずにすぐに仕事をすることができてしまうので、時間管理が苦手な人はルーズな生活に陥ってしまう可能性もあります。自宅で仕事をしているからこそメリハリのあるスケジュールで生活をしないと心身の健康を損ねてしまうだけでなく、仕事に悪影響が出てしまうかもしれません。詳細を見る

面倒なことを全て引き受けてくれるサービス
面倒なことを全て引き受けてくれるサービス

営業や打ち合わせ、条件交渉や各種トラブル対応など、フリーランスになるとやるべき仕事は本業以外にも多くなります。全てを1人でこなしていると、できる仕事量の限界はどうしても低くなってしまい、思ったように稼げなくなる場合もあります。しかし、フリーランス専門のエージェントに依頼をすれば、案件探しから参画後までフルサポートしてくれるので、純粋に仕事に費やせる時間が多くなり必然的に稼げる金額も大きくなります。詳細を見る

在宅で育児掛け持ち
在宅で育児掛け持ち

育児に忙しい時期には、外で働きたくても働けないという人が少なくありません。待機児童が多くて保育園に入れないなどの物理的な問題もあれば、まだ小さい子供の側についていたいという親心などその理由は様々です。しかし、フリーランスの仕事なら育児をしながら在宅でマイペースに仕事をこなすことも可能で、大変さもありますがメリットもたくさんあります。では、具体的に育児と仕事をどのように両立させることができるでしょうか。詳細を見る