掛け持ちフリーランスのための時間管理

案件掛け持ちフリーランスの時間管理と心構え

人気情報

  • スキマ時間で副業掛け持ち
  • おすすめスケジュール管理アプリ
  • 活況を呈する市場規模

フリーランスの心構え

フリーランスとして大切な心構え

フリーランスの仕事は、働く環境や内容を自分で選ぶ自由がある半面、不安定な仕事への不安も少なからず感じることがあるかもしれません。いつも自分の得意分野の仕事ばかりが舞い込むとも限らず、時には苦手な分野に挑戦しなければならない時もあります。仕事があるならできるだけ多くの案件をこなしたいと思い、いくつも仕事を受ける場合があるかもしれませんが、自分の時間を自由に使うことができるフリーランスだからこそ、時間管理をしっかりと行うことが信頼される仕事をするためにはとても重要です。

自分の仕事にプライドを持つ

フリーランスとしてやっていく以上は、自分に自信を持つことも大切です。実力以上に自分を大きく見せることは良くありませんが、あまり自信のなさそうな人に仕事を任せたいと思ってくれるクライアントはいないでしょう。独立するからには、それなりの技術や経験など、フリーランスでもやっていけるという自信の根拠となることがあるはずなので、謙遜さは持ちつつも、堂々と仕事に取り組む姿勢を持つようにしましょう。そうすることで、クライアントに安心感を与え、結果を出すことでさらに信用を得ることができるようになります。

案件掛け持ちで気をつけたいこと

フリーランスとしての仕事が軌道に乗ってくると、いくつかの案件を掛け持ちすることが増えてくるかもしれませんが、それぞれの納期に間に合うように仕事を進めていくためには、時間管理に気を使う必要があります。フリーランスの場合、会社員のように毎朝決まった時間に出勤しなくなるので、毎日どのようなタイムスケジュールで活動するかは基本的に自由です。しかし、心身共に健康であることが大切なのは、会社員もフリーランスも同じことです。そのため、起床時間や食事の時間など、規則正しい生活を心がけながら仕事に取り組むようにすることはとても重要です。仕事が増えて忙しくなってくると、より計画的に仕事を進めていく必要があるので、気の向くままに仕事をするわけにはいきません。
また、毎日の時間管理をきちんと行っておくと、先の予定を立てたり新しい仕事のための時間を作ったりすることができるようになるので、収入をさらに増やすチャンスが多くなります。フリーランスは自宅が仕事場という人も多いので、ついつい夜遅くまで仕事をしてしまい、油断していると昼夜逆転のような生活になってしまう場合もあります。しかし、本来休息を取るべき夜にきちんと休めないまま仕事をしても、結局は能率的に悪くなってしまい、仕事の質にも響いてしまいます。また、クライアントとの連絡なども日中に行われるので、しかるべき時間帯に規則正しく活動するということは本当に大切なのです。

Similar Posts

乗り切るカギは「メリハリ」
乗り切るカギは「メリハリ」

自分の時間を自由に使って仕事ができるフリーランスだからこそ気をつけたいのが、仕事とプライベートのメリハリです。自宅で仕事をしていると、朝起きてから何の支度もせずにすぐに仕事をすることができてしまうので、時間管理が苦手な人はルーズな生活に陥ってしまう可能性もあります。自宅で仕事をしているからこそメリハリのあるスケジュールで生活をしないと心身の健康を損ねてしまうだけでなく、仕事に悪影響が出てしまうかもしれません。詳細を見る

面倒なことを全て引き受けてくれるサービス
面倒なことを全て引き受けてくれるサービス

営業や打ち合わせ、条件交渉や各種トラブル対応など、フリーランスになるとやるべき仕事は本業以外にも多くなります。全てを1人でこなしていると、できる仕事量の限界はどうしても低くなってしまい、思ったように稼げなくなる場合もあります。しかし、フリーランス専門のエージェントに依頼をすれば、案件探しから参画後までフルサポートしてくれるので、純粋に仕事に費やせる時間が多くなり必然的に稼げる金額も大きくなります。詳細を見る

在宅で育児掛け持ち
在宅で育児掛け持ち

育児に忙しい時期には、外で働きたくても働けないという人が少なくありません。待機児童が多くて保育園に入れないなどの物理的な問題もあれば、まだ小さい子供の側についていたいという親心などその理由は様々です。しかし、フリーランスの仕事なら育児をしながら在宅でマイペースに仕事をこなすことも可能で、大変さもありますがメリットもたくさんあります。では、具体的に育児と仕事をどのように両立させることができるでしょうか。詳細を見る